Skip to content
photo-1611407019488-0a354195b618

Samsung 

Samsungは韓国で最も大きな企業のひとつであり、主にテクノロジーに注力していますが、その子会社は防衛、重工業、建設、エンターテインメント、広告、保険など、多岐にわたる事業を行っています。 

李秉喆(イ・ビョンチョル)氏が韓国・大邱にてSamsungを創業したのは、1938年のことでした。当時、従業員は40人だけであったSamsungは、実は、物資や輸入品・輸出品を扱う食料品店としてスタートしていたのです。

1947年にソウルまで事業を拡張し、60年代には電子産業に進出。80年代になって、通事業信に取り組み始め、その後についてはご存知のとおりです。現在は、スマートフォン事業だけでなく、半導体チップ生産やデジタルテレビ生産のリーディングカンパニーとなっています。